ニンニク注射について

ニンニク注射を打つと疲れが吹き飛ぶと言われています。ですが、実はニンニク注射にはニンニクは入っていないのです。結論からいうと、ニンニク注射はビタミンB1が配合されている総合栄養注射なのです。栄養ドリンクなどの服用で疲れを取る方も多いでしょう。即効性についてはニンニク注射のほうが強いのです。
ニンニク注射の栄養分はニンニクの50倍といわれており、疲労・倦怠感・冷え症・頭痛・不眠・免疫力の低下・肩こり・神経痛・肝臓疲労・肝機能低下・肌荒れなどに効果があるとされます。それだけでなく、二日酔いや風邪の予防なども効果があるのです。水溶性のビタミンを配合しているため、体内に蓄積されることはありません。また、副作用もありません。過度に注射したとしても、有効成分の許容を超えたらその分は尿として排出されます。
それでは、なぜこの注射がニンニク注射と呼ばれているのか気になりますよね。それはビタミンB1を構成する成分に含まれる硫化アリルの匂いがニンニクと同じだからです。そのため、ニンニク注射と呼ばれるようになったのです。ニンニク注射の由来は、ニンニクを食べた時のように元気になるからではありません。その臭いから名付けられたのです。