前半のアルペジオと合わせて通して演奏してみましょう。

30日でマスターするギター講座DVDのレッスン7では後半部分を新しいストロークで練習します。
ここまでは後半は、ジャンジャンと、
ダウンアップを繰り返す8ビートストロークで弾いてきました。
そして、これまでに学んだカットの入るストロークとも
ちょっと違うストロークが出てきます。
「ダウン ダウンアップダウン ダウンアップダウン・・・」
という感じです。
ジャーン、ジャカジャン、ジャカジャン、ジャカジャン、
という響きになると思いますが。
動きが早いので頑張って動かしてみてください。
いきなり速いテンポで練習しなくても大丈夫です。
ゆっくりから練習をしてみて、徐々に徐々にテンポを
速くしていきましょう。
弾いていくと気づきますが、このストロークはとても
迫ってくる感じがすると思います。
これが、先ほどお話した、曲の中の時間の流れを表現しています。
別れの時が迫ってくる感じです。
知らずに「何だこりゃ、弾きにくいな」と練習するよりは、
こうした背景を知っていると、より楽しく練習できると思います。
大人のいいところですよね。
子供には、この切なさは理解できんでしょう・・・(笑)
さ、カッコよく後半ができたら、
前半のアルペジオと合わせて通して演奏してみましょう。

30日でマスターするギター講座 古川忠義