目の下のシワが若いのに気になる!目の下のしわをなくす方法は?

目の下のしわって気になりますよね。年齢を重ねれば仕方ないかなと思いますが、若くても目の下にしわがあって気にしている人も少なくありません。目の下のしわをなくす方法についてご紹介します。
目の下のしわは、骨格や目の動き、表情のくせなどの都合で自然にできてしまうしわもあり、なかなか手ごわいです。若い人でも条件は同じですが、若い人ほど肌に対して無頓着になりやすいので要注意ですね。
顔の皮膚は、体の皮膚に比べて薄くしわになりやすい構造です。顔の中でも特に目元の皮膚は薄くなっています。乾燥や摩擦を繰り返すことで、すぐにしわになってしまいます。寝るときにうつぶせで寝る人は、目元にくっきりとしわが入る可能性が高いので気を付けたほうがいいでしょう。若い人は顔の寝跡は昼までにはなくなっているので、あまり気にならないかもしれません。しかし、うつぶせ寝が習慣になってそのまま年齢を重ねると、寝跡が元に戻らずしわとなるかもしれません。枕を調整するか、あおむけで寝ることを心がけてみましょう。
パソコンやスマホがないと生活ができない時代になり、眼精疲労に悩まされている人が多くなっています。目の疲れもしわの原因になります。目の疲労は、目元の血流が悪くなり必要な栄養が行きわたりにくくなり、乾燥やしわに繋がることも。睡眠不足になって、起きている時間が長ければ目を開けている時間と瞬きが多くなります、すると目を閉じて休む時間が少なくなり、目元のしわができやすくなるでしょう。
紫外線や食生活でも、目元のしわに悪影響を及ぼすことがあります。紫外線は肌の内部にまで入り込み、肌の細胞を作り出す層へダメージを与えます。日差しが強い時には、紫外線カット効果のあるレンズのメガネやサングラスをかけたほうがいいですね。脂っこいものが多く栄養バランスが悪い食事を続けていると、肌に悪影響。目元は皮膚が薄くデリケートなので栄養が滞ることは避けたほうがいいでしょう。